お客様の声

Home > お客様の声 > 株式会社ヒューマンセントリックス様

一覧に戻る株式会社ヒューマンセントリックス様

株式会社ヒューマンセントリックス様

 

動画プレゼンテーション制作の株式会社ヒューマンセントリックス。
日本橋オーダーメイドオフィスに入居。
代表の中村寛治氏にお話しを伺う。


目次

1、ヒューマンセントリックスの紹介
2、動画プレゼンテーション制作、日本TOPクラスの実績!
3、自社ブランドサービス「SVP」大躍進の要因
4、ビジョンオフィスとの出会い
5、来社を促進するオーダーメイドオフィス
6、自社スタジオ化もラクラク実現
7、ヒューマンセントリックス、今後の展開とビジョングループへの期待
 (中村氏×上原氏 対談パート)



 

ヒューマンセントリックスの紹介

-- ヒューマンセントリックスの事業内容についてお聞かせ下さい。

動画プレゼンテーション制作事業を行っています。企業の商品・サービス紹介はもちろんのこと、セミナーの2次利用、採用、展示会、IRなど幅広い利用用途があります。
紹介動画を一度ご覧下さい(ヒューマンセントリックス社のサイト/動画を見る

 

 

-- 御社HPで、プレゼンテーション動画が目を引き事前に視聴しました。2分間でコンパクトにまとめられていて見やすかったです。本当に、初めて会った気がしないですが、みなさんそう言われますか?

 

それは、良く言われます(笑)
最初から親しみを持ってもらえるのでスムーズに本題に入れるのです。

 


 

ずばり動画プレゼンテーション制作、日本TOPクラスの実績!

-- 動画制作を行う会社もいくつもあるのですが、御社の強みは何でしょうか?

大きく分けると3つあります。
まず第一に動画プレゼンテーション制作に特化していること。
次に運営体制を、「営業と取材は東京、制作は福岡」と分散させることにより制作とIT技術を融合し高品質、低価格を実現していること。
そして、各種有力メディアと連携(日経新聞、ITメディアetc)していることです。

最近では、事例数も多くなりましたので、ニーズに合わせて対応できます。
お陰様で、現在600社5000コンテンツ以上の制作となりました。

 



自社ブランドサービス「SVP」大躍進の要因

-- SVPは契約数を堅調に増やしていると、聞きましたが好調の要因はどのようなものででしょうか?

SVPとは、Super Visual Presentationの略で弊社の主力サービスですが、2004年の創業以来、市場を啓蒙しながら普及させてきた自負があります。プレゼン上手な営業も育ってきて、製品力との相乗効果が出せています。技術×人のバランスが取れてきたのが好調の要因だと思います。

 





ビジョンオフィスとの出会い
(ビジョンセンター秋葉原〜日本橋オーダーメイドオフィス)

-- 以前にビジョンセンター秋葉原に入居されたきっかけは、どのような経緯だったのでしょうか?

撮影スタジオとして必要なときだけ利用できる貸し会議室があり、且つレンタルオフィスが完備されている施設を探していましたので、ネットでビジョンセンター秋葉原を見つけたときには当時の弊社要望にピッタリでした。
そして、1年半程入居していました。

 

 

-- その後、日本橋オーダーメイドオフィスに転居されたと思いますが、転居のきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

弊社ビジネスの進展に伴い、想定以上の撮影回数の増加で、次のステージに合ったオフィスを探す時期にきていました。
また、代表の上原さんとも色々とお話するようになり、ビジョンオフィスの物件開発コンセプト、企業としての取り組みに好感を持つようになっていました。
そこで、弊社事情を説明したところ、上原さんから大変魅力的なご提案を頂きました。
その場所が、ビジョンオフィスで新規に開発中の日本橋オフィスだったわけです。
(※ 2012年3月現在:ビジョンセンター秋葉原は運営終了しております)

 

 

-- 移転にあたっての要望はどうのようなものだったのでしょうか?

まず第一にお客様が来社しやすいような立地環境であること。次に、弊社専用の撮影スタジオを二つ、極力ローコストで作っていただくこと。以上の2点が必須条件でした。

以前は撮影のたびに会議室を借りていたのですが、事業が順調に伸びてきて、撮影本数が多くなってきたため利用料金が嵩んできていました。
また撮影前後のスタッフの準備時間も含めるとかなりのコスト高となっており、この点を改善したいという背景がありました。

ビジョンオフィスからの提案は、この要望を充分に満たすものでした。

 



来社を促進するオーダーメイドオフィス(ビジョンセンター日本橋)

-- 来訪客は増えたのでしょうか?

撮影に来ていただくお客様は大幅に増えました。一番の狙いでしたので大変うれしい結果です。

要因は3つあると分析しています。


・好アクセス→銀座線三越前駅出口至近(日本橋駅3分、東京駅8分)
・周辺のランチ環境が充実
・外観や共用階段は古くてレトロな感じだが、内装がポップ、クリーンに仕上がっているため好印象(ギャップ効果)


弊社のお客様は、都心の一等地、インテリジェントビルに入居されている方も多いのですが、そういった方に "ほっとする"と口々に言って頂いています。
ランチを日本橋オフィス周辺ですることが出来、気分転換にもなるという理由で来訪客が増え、好循環になっています。


 

-- その他の変化はありましたか?

自社スタジオが出来、弊社の制作コスト削減に繋がっています。

 



自社スタジオ化もラクラク実現

-- とても素敵な内装デザインのオフィスですし、自社スタジオまで完備されていますので、かなりのコストをかけられたのではないかと思いますが、その点はいかがでしたか?

そうですね。通常であれば、改装費用は、かなりかかると思いますが、上原さんと打ち合わせを重ねる中でコスト削減のアイデアをお互いに出し合いましたので十二分にリーズナブルな範囲で収まりました。

まず、フロアスペースの間仕切りを工夫することにより、ワーキングスペースのほかスタジオスペースを2部屋分、捻出してもらいました。
その上で、弊社の希望するスペックに応じた防音対策を施してもらいました。
ワーキングスペースの間仕切り壁には、企業のイメージに合った躍動感のあるグラフィックデザインを、スタジオ内の内装デザインには落ち着きのあるものを、とメリハリをきかせました。
使い勝手も良いのでたいへん満足しています。

 




ヒューマンセントリックス、今後の展開やビジョングループへの期待
 (中村氏×上原氏 対談パート)

[上原]  ヒューマンセントリックスという社名は、あまりIT企業風ではないように感じられますが、どのような意味が込められているのですか?



[中村]  "人中心"という意味でつけています。前職を含めIT産業に携わっているのですが、データや技術も大事ですが、それよりも"人"という要素がより重要であるという認識から命名しています。



[上原]  競争力確保のために、地方と東京の分業体制を築かれていたり製作過程を完全デジタルで共有化していたりとIT化をした上でそれを支える人を最重視しているのですね。
中村さんはその人が働くオフィスづくりに対してはどのようなこだわり、ポリシーを持たれているのでしょうか?



[中村]  はい。動画制作にも共通部分があるのですが、狙い・意図を明確にする。そして、それに応えてくれそうな人・会社に依頼するということです。



[上原]  確かに中村さんの意図は、会社のビジョン同様わかりやすくて助かりました。
トータル予算、立地、サイズ、デザイン、機能性、工事予算のほか施工期間もたいへん厳しい条件だったのですが、なんとかご要望にお応えできたのでないかと思います。



[中村]  狙い以上です(笑)。



[上原]  納品が終わったときには正直ホッとしました(笑)。



[中村]  有り難う御座いました。今回はオーダーメイドオフィスを依頼させて頂いたのですが、上原さんはほかにもワクワクするような仕事ができる人だと感じています。ビジョングループの今後の事業展開が楽しみです。



[上原]  創造性を大切にしていますので、同じ予算でも工夫できる部分はないかと常に追求しています。デザイン面や素材などにもこだわりを持っています。また、弊社はハード事業とは別に人材開発などのソフト事業も現在展開中です。



[中村]  お互い事業を育てていく上で、外部パートナーの存在も重要ですのでそういった点でも今後とも宜しくお願いします。



[上原]  はい、特に事業プレゼンテーションに関しては、中村さんに一からご教示頂きたいと思います。こちらこそ宜しくお願いします。本日はありがとうございました。

 


-- 株式会社ヒューマンセントリックス 中村様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました

 

 

※ 株式会社ヒューマンセントリックス様のWebサイト

※ 取材日時 2012年2月22日

※ 取材制作:株式会社ウルトラC

 

 

PICK UP INFO